2005年11月29日

黒糖膨れ菓子。

PIC_3054.JPG

カケロマに、ふくれ菓子作りがとっても上手なオバアがいて、電話しておくと作ってくれる。

本日の職場のおやつは「黒糖ふくれ菓子」。

うんま〜い!

なんで?
なんでこんなに美味しいの?

ふくれ菓子はいわゆる「蒸しパン」なんやけど、ちょっと食感が違う。
硬い蒸しパンって感じ。

奄美ではとってもポピュラーなおやつだが、もともとは鹿児島の郷土菓子らしい。

小麦粉と黒糖、重曹で生地を作り、蒸す。(簡単?私でもできる?)

しかし、このオバアのふくれ菓子はすごい。
食べだすと止まらない。
黒糖が違うのかな?
ちょっと粘りもあるゾ。

しかもデカイ!

PIC_3053.JPG

26センチのフライパンサイズなんです。


posted by 4 at 20:16| 鹿児島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 奄美級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
26センチ!
そりゃ、大きすぎるよ〜(^◇^)
沖縄ではハンバーガーにカレー皿サイズのハンバーグが入っていたりするけど、こっちの方がびっくりですね。

ふくれ菓子って、日本全国で見られるものだと思っていました。
重厚だけど少しもっちりした食感、思い出すとホームシックになりそうです(笑)
Posted by jumechi at 2005年11月29日 22:45
へぇ〜美味しくて止まらないほど美味しいなんて 素晴らしいですねー
料理って、同じレシピで作っても作り手で味や出来上がり感が全然違って来ますもんねぇ。
タイミングや 気持ちなのかな?

電話しておくと作ってくれる人が居て 出会えて幸せやな(^^)
なんだか私までほのぼのとした気持ちになれて 嬉しくなったなぁ〜
Posted by mako at 2005年11月29日 23:15
黒糖たっぷりって感じですね。
黒糖の本場だけあるなぁ〜。
止まらないぐらい美味しいなんて食べてみたい!!
takaさん、ぜひ、技を伝授してもらって作り方教えて下さい!!(^_^)
Posted by まろっち at 2005年11月30日 13:14
★jumechiさんへ★

強烈なハンバーガーですね、、、。
早死にしそう。
見てみたいけど、食べるのはやめときます。

蒸しパンは全国にあるけど、ここのふくれ菓子って、ちょっと違いますよね。
重曹の入れ加減にコツがあるらしいです。

すっかりこの味にはまってしまいました。




★makoさんへ★

もう、ヤバイで〜makoさん。
ほんまにとまらへんねん。胃にす〜っと吸い込まれる美味しさ。

なんか、いろんな人に親切にしてもらってばかりで、まだまだ返せてないな〜っていつも思う。これから返していく。

そうそう、12/10にRIKKIのライブがあるよ〜^^




★まろっちさんへ★

ところどころ、黒糖のかたまりが溶けている部分があって、これがまた美味しいんですよ〜^^

「これを作る人は多いけど、このオバアのは、ずばぬけて美味しい。重曹の入れ加減が上手いから。」とカケロマの人が言ってました。

私も挑戦してみます!


Posted by taka at 2005年11月30日 20:57
おー、美味しそう!

私も2,3日前に職場でおすそわけの
ふくれ菓子をもらったとこなのです。
で、それがすごくしっとりしてて美味。
レシピを教えてもらったばかりなんですよ。
でも黒砂糖500グラム、小麦粉300グラム・・・というすごい量(笑)!
アレンジしてそのうち作りたいと思っています。
takaさんもこのレシピ作ったら披露してくださいね〜。
Posted by はま at 2005年12月01日 21:59
★はまさんへ★

一般的な蒸しパンみたいに柔らかいだけじゃなくて、しっとり&コシ感があって、食べ応えもありますよね〜^^大好き。

黒砂糖500グラム?!

まじですか?
すごい量、、、、。体に悪そう、、、。

低カロリーバージョンの開発が必要ですね。私も作ってみま〜す。
Posted by taka at 2005年12月04日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。