2006年06月16日

加計呂麻タイム。

P5130241.JPG


今日は、仕事で加計呂麻島へ行ってきました。


仕事が済んで、「さあ、帰ろう!」と思ったものの、帰りのフェリーは一時間後。。。
都会みたいに、電車やバスでさっと帰れないんですよね〜たらーっ(汗)


一時間、のんびりと浜で読書。

仕事中、さぼってるみたいだけど、船がないんだから仕方ない。
こういう時は、堂々とさぼれます。




P5250401.JPG


本を読んでいると、草木のいい香りが風にのってきました。

港の職員さんが弾く三線のいい音色も、聴こえてきます。

セミの声も聞こえてくる。
そろそろ、梅雨も明けそうだな。



加計呂麻島は、古仁屋よりもさらに時間がゆっくり流れている気がします。


posted by 4 at 23:50| 鹿児島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 奄美ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チビ猫の事を読むと 涙出そうで…。コメント書きかけては、消してしまいました。

きょうの話題はいいですね〜。
私の住んでいるところ(山)とは、正反対の景色ですが、共通点がひとつ。
写真を撮っても やたらと人が写らない…人間が少ないので(?)
私も時間がゆっくり流れるところが大好きです。
Posted by satomint at 2006年06月17日 06:21
★satomintさん★

私も、涙しながら書いてました。
悲しいことも、楽しいことも時間が経つとどうしても記憶が薄れていくので。。。
たくさんのことをしっかりと覚えておきたい、そのためには記録しておくことが大切だな〜って思うんです。(日記も家計簿も三日坊主だけど、ブログだけはなぜだか、続けられてます。)

>田舎の共通点。
ほんとに人がいないし、車も走ってないですからね〜(笑)静まりかえってる。
浜にいても、ひとりぼっち(^-^)
英会話の音読の本を、大声だして読んでました。町だと、人目が気になって絶対にできないことです。


Posted by taka@satomintさんへ at 2006年06月17日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19370437

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。